製品・サービス詳細製品・サービス一覧へ

新たな価値を生み出す Change! for the Next 株式会社DTS

この企業について
お問い合わせ
ソリューションカテゴリ別
製品・サービス登録状況
事務局からの一言企業メモ 株式会社DTS(以下・DTS)の創業は1972年。40年以上の歴史を持つ老舗SIerである 詳細を見る
  • 製品・サービス概要
  • 実績紹介
  • 掲載企業について

社内蓄積データを、分析エキスパートだけでなく、経営者・マネージャ・実務担当まで「誰でも使える」

700サイト、利用者9万人以上のBIツール『DaTaStudio@WEB』

ソリューションカテゴリ ビッグデータ / 電子帳票 / BI(DWH・OLAP・データマイニング・ETL)
対応企業規模 大企業,中企業,小企業
サポートエリア 全国

こんな課題を解決します

  • 蓄積された膨大な情報を活用したい
  • 「経営の見える化」を実現したい
  • 社内の営業情報を一元管理したい

特徴

  • 社内蓄積データを、分析エキスパートだけでなく、経営者・マネージャ・実務担当まで「誰でも使える」
  • リアルタイムBIにより、タイムレスなモニタリングが可能に。経営資源見える化により戦略判断を迅速化
  • グループ企業の取引情報も権限範囲内で参照可能。数秒でデータ取得でき、急な社内オーダーも対応可能に
レビュー 0.0(0件)

製品サービス概要

純国産BIツール『DaTaStudio@WEB』

カンタン・安心・リーズナブル「誰でも使える」

『DaTaStudio@WEB』は“100%Webアプリケーション”で、導入時にクライアント端末へ面倒なインストールなどは不要!「Webブラウザ」だけで利用できます。
純国産BIツールだからなじみやすく、直感的かつシンプルな操作性で「誰でも使える」BIツールです。
さらに「ユーザ無制限ライセンス」を利用すれば、ライセンス数を気にする必要なく大規模ユーザの全社展開でも導入しやすい価格を実現します。

料金形態【例】
データスタジオ基本PKGデータスタジオ基本PKG + ユーザ無制限ライセンス製品保守費用(初年度~)
初期費用:150万円(1サーバ)初期費用:450万円(1サーバ)初期費用:15%(年間)
月額費用: -月額費用: -月額費用: -
10ユーザライセンスを含むユーザライセンス無制限
(サーバ台数分の購入が必要)
マイナーバージョンアップ製品の無償提供、テクニカルQAサポート

実績紹介

電気メーカー様)グループ企業間 債権債務チェックシステム

電気メーカー様
■連結グループ間の取引情報を相互に確認・参照できるシステム

・親会社において、グループ会社の財務会計情報を収集統合し会計DWHを構築。
・権限管理機能を利用し、自社・相手会社間の取引情報を権限範囲内で参照可能に。

通販会社様)売上分析&顧客分析

通販会社様
■基幹システムのリプレイスに伴い、データスタジオの画面にて報告資料を公開

◆開発規模
データ収集、加工処理(約30本)
環境構築、DWH構築
売上分析、顧客分析画面(約60本)
各種試験(結合、総合、受入 など)

この製品・サービスについてもっと知りたい方は

ベンダーに問い合わせる 事務局に問い合わせる

ユーザーレビュー

0.0 (0件のレビュー) レビューを書く

掲載企業について

株式会社DTS
所在地 東京都港区新橋6-19-13
設立年 1972
事業内容 1. システムインテグレーションサービス
2. 情報システムの開発および保守の受託、売買ならびに賃貸借
3. 情報システムに係わる電気工事、電気通信工事の設計および施工
4. 情報システムに係わる教育機器および教材の開発、売買ならびに賃貸借
5. 情報システムに係わる出版、編集、翻訳業務
6. コンピュータシステムおよびネットワークの導入、運営管理ならびに保守管理
7. コンピュータ等情報関連機器およびソフトウェアの製造および開発、売買ならびに賃貸借
8. インターネット等を利用した情報処理、情報提供、商取引ならびにこれらの仲介
9. マルチメディア関連のコンテンツ製作、売買ならびに賃貸借
10. 著作権、ノウハウ等の知的財産権の取得、利用方法の開発、使用許諾、管理および譲渡ならびにこれらの仲介
11. 労働者派遣事業
12. 前各号に関する企画、調査、研究、研修、教育、コンサルティングの受託
13. 前各号に付帯および関連する一切の業務
サイトURL http://www.dts.co.jp/

課題解決フォーラム事務局からのオススメ

CLOSE-UP
VIEW

株式会社DTS

これからの時代のITパートナーとして、
真摯にお客様へ対応する老舗SIer

株式会社DTS(以下・DTS)の創業は1972年。40年以上の歴史を持つ老舗SIerである。そもそもは日本電電公社(現在のNTT)のエンジニアが仲間たちと興したのが始まりだ。設立当初は金融機関のデータ入力業務からスタートしたが、数年後には大手都市銀行3行との取引を行い、社員数は100名を突破、銀行のオンライン業務に欠かせないATMシステムなどを手がけるようになる。
以降、金融業界、通信業界、官公庁を中心にシステムインテグレーターとしての実績を積み上げ、グループ会社も含め約4000名の従業員を擁する東証一部上場の総合IT企業へと発展。現在、DTSでは、「サービスインテグレーター」「システムインテグレーター」「ソフトウェアインテグレーター」の3つの切り口からSIerとしての自らの業務をとらえ、さまざまなお客様のIT課題解決に総合的に力を注いでいる。
同社のソリューション事業本部は、コンサルティングから運用、BPOに至るまで、金融や通信などの事業本部とも連携し、自社開発のパッケージソリューションの販売を中心としながら、企画と営業とコンサルタントがお客様と向き合うセクション。システム開発基盤であるイントラマート、SAPなどの各種ERPソリューションの販売に加え、販売管理ソリューションとして「エクシードプラス」を自社開発。さらにはBI(ビジネスインテリジェンス)のパッケージソリューションとして「DaTaStudio@WEB」や「DaTaSuperExpress」も開発した。
同事業本部ソリューション企画営業部で部長を務める小俣 忠史さんは、「これからも企業が成長を果たしていくには、どのようにITを活用していけばいいのか。お客様のビジネスに則しながら、最適なソリューションを提案していきたいと考え、活発に製品を開発してきました」と語る。
ソリューション事業本部の陣容は総勢約170名。そのうちおよそ8割がエンジニア。そして営業と企画が20数名、コンサルタントが8名という構成だ。お客様は首都圏だけでなく全国に及ぶ。
世界的にも先行きが不透明な時代に、どう経営の舵を取るか、企業の多くの経営者が頭を悩ます。さらにITの加速度的な発展を効率的なビジネスのあり方にどう結びつけていけばいいのか。これも企業活動を進める上で、大きな課題となっているといえるだろう。DTSはそうした状況を十分に認識しながら、BI関連のソリューションを開発、多くのお客様に届けようとしている。
「いろんな意味でビジネス環境が複雑化していると思います。ですから、弊社としてはお客様に対して誠実に向き合うことから始めていきたいと考えています」と小俣さん。
提案するソリューションをお客様に役立ててもらうには、仮説を立てながらお客様が抱えている課題をひとつひとつ解きほぐしていく必要がある。そんなプロセスを抜きに一足飛びに新たな製品やサービスを提案したところでお客様との間でギャップが生じる。DTSのソリューション事業本部はそうしたギャップを生まないよう、技術、営業、企画、コンサルタントが一体となってお客様に向っているという。規模と実力を合わせ持つ、今後、ITパートナーの1社になり得る存在だろう。(事務局担当より)

  • 打合せに向う社員の方々。社内は活気があった。
  • 製品をいかにお客様に説明するか、熱を帯びた打合せ。
  • 新橋にある本社の受付前でスタッフが笑顔を見せた。

担当者
INTERVIEW

ソリューション事業本部 ソリューション企画営業部
部長 小俣 忠史さん

-自社で開発された製品が中心になっているのですか?
決してそんなことはありません。BI関連の自社製品以外にも、さまざまなソリューション・パッケージをご提供出来ますので、お問合せ下さい。
- KKFのお客様にメッセージを
人口の減少が進む中で付加価値をつくり出していかなくてはならない時代です。そのためにITを使って日々の業務を効率化させ、そして新しい事業を模索していかなくてはなりません。私たちはお客様の経営や事業のあり方に寄り添っていきたいと考えています。真摯に対応させていただきますので、ちょっとした困りごとでもご相談いただければと思います。

この企業についてもっと知りたい方は

ベンダーに問い合わせる 事務局に問い合わせる